FC2ブログ

パレスチナ・ファレスティーン

笑って泣いて食べて暮らしたパレスチナ。 時々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バレンボイムの思いは?

オペラとイスラエルボイコットの続きです。

問題にされたバレンボイムのメッセージは、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートでのもので、
全文が、ガーディアンに掲載されました。
バレンボイムの記事「勝利の幻想」のURL
 http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2009/jan/01/israel-gaza-bombings-hamas

題名は「勝利の幻想」、続く見出しは、
”もしハマスが壊滅されると、より急進的なグループが置き換えられるでしょう。
 イスラエルの安全保障は、賢明な行動によるべきです。”
となっていました。

メッセージのなかに書かれた、彼の、新年にあたっての3つの希望は、
イスラエル政府は中東の紛争は軍事的手段によって解決できないと認識すること、
ハマスは暴力によって目的は達成されないことと、イスラエルの存在を認めること
世界は複雑で敏感な二つの民族(people)にとってのこの問題を理解すること、でした。

イスラエルに自衛権があることを肯定した上で、
まさに12月末に始まり激化の一途をたどっていた、イスラエル軍のガザ攻撃に対して、
人口密集地であるガザ地区への攻撃は、市民全体に向けられた攻撃と非難し、
攻撃は絶え間ない残忍なものと批判しました。

そして、
”ユダヤ人は、他の誰よりも、
罪のない民間人の殺害は、非人道的で受け入れられないものと感じてるはず”、
と述べています。

イスラエル軍が軍事作戦でハマスを壊滅しても、より過激なグループが台頭するだけで、
軍事攻撃はイスラエルへの憎悪を助長するだけ、とも主張しています。

最後は、
”パレスチナの暴力はイスラエル人に苦痛を与え、パレスチナの大義を実現しません。
 イスラエルの報復は、不道徳、非人間的な非道徳的で、安全保障を保証しません。
 二つの民族(people)の運命は表裏一体につながっていて、
 隣同士に住むことを余儀なくされています。
 彼らは、これを祝福とするのか呪いとするのかするのを決定しなければなりません。”
と共存へのメッセージでした。

メッセージ全体としては、イスラエル軍事攻撃への批判と共存の訴えと、読み取れます。

文章の中に、あった下記の2ヶ所が、問題にされたのではないかと思われます。
”イスラエルに自衛権があることは自明のことであり、イスラエル市民へのミサイル攻撃は容認できるものでもすべきものでもないこと、と同時に・・・”
”私は、イスラエル政府の日々の意志決定の難しさを過小評価しません。また、イスラエルの安全保障の重要性を過小評価しません。にもかかわらず、・・・”
両方とも、イスラエル政府への批判的な意見に続くのですが、
これらの表現が、イスラエルの自衛権を認めていると、批判されたのかもしれません。

そのときの、イスラエルへの文化的なボイコットする側の主張を聞いたわけではないので、
何とも言えないのですが、
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートという場で、
ユダヤ人系イスラエル人である著名な音楽家が、このような政治的な発言を恐れずに、
ガザ攻撃への批判やこの困難な時期にこそ共存を訴えた意味のほうが大きいと
私には思えるメッセージでした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。