FC2ブログ

パレスチナ・ファレスティーン

笑って泣いて食べて暮らしたパレスチナ。 時々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラマダンお菓子「カタイエフ」

今年のラマダン(イスラームの断食月)は8月21日頃から1ヶ月の予定です。
パレスチナはまだまだ暑い時期、お日様が出ている時間も長いので大変そうです。
ラマダン中、ムスリムは日中食べ物を口にしないのですが、
日没と同時に、イフタール(アラビア語で明けるという意味)、ご馳走の時間です。
KF10.jpg
最初に食べるのは、乾燥なつめやし。(写真はエルサレム旧市街で売られているなつめやし)
まず、甘いもので胃を整えるのだそうです。

そして、ご馳走を締めくくるのが甘いお菓子。
イフタールでは、カタイエフと呼ばれるお菓子をよく食べます。
ラマダン期間限定のお菓子で、子どもたちも大好きです。
KF04.jpg
三日月のような形が、ラマダンっぽい?。
胡桃や白チーズを細かく刻み、
シナモンなどで香りを付け砂糖で甘く味付けしてから、
このホットケーキにようなもので包んで
油で揚げるかオーブンで焼いて、シロップをかけたものです。

ラマダン期間中は、パン屋やお菓子屋の店先では、
すでに焼いたホットケーキ状のものが売られ、
みんなキロ単位で大量に買っていきます。
KF01.jpg
エルサレム旧市街の街角のもの。黄色っぽいのはセモリナ粉を使うからのようです。
この後の仕上げは、各家庭で。
中の詰め物を作り、形を整え、揚げるか焼いて、
シロップをかけて(正確には、シロップにどっぷり漬けて引き上げる)
温かいできたてをいただきます。

胡桃入りのものは、日本でも簡単に手に入る材料でできます!
ガザの友人は、
油で揚げてかりっとしたのがおいしいのだから、
オーブンで焼くなんてあり得ない、と言いますが、
日本人向きで、手軽なオーブンでの作り方を紹介します。

カタイエフ(胡桃入りオーブンバージョン)
<材料> *これで12個ぐらいできます。
 外側の生地
  小麦粉 2.5カップ、 ぬるま湯 2カップ、
  ドライイースト 小さじ1、 砂糖 小さじ2、 塩 一つまみ
 中の詰め物
  胡桃 100グラム、砂糖 大さじ1、 シナモン 小さじ1
 シロップ 
  砂糖 1カップ、 水 0.5カップ、 レモン汁 小さじ1、(好みで蜂蜜)

<作り方>
 ①生地
  小麦粉、ドライイースト、砂糖、塩を混ぜ、
  40度ぐらいの湯を加える(柔らかめのホットケーキの生地ぐらい)。
  よくかき混ぜ、40度ぐらいで湯煎し、発酵を促す。
  KF07.jpg
  1時間ぐらいで表面に泡が出て、全体に量が増えた感じになれば、発酵完了。
  一枚につき、お玉1杯ぐらいの量を、フライパンで焼く。
  KF09.jpg
  このとき焼くのは片面だけで、表面が乾いたら焼き上がり。
  後で包むのに、外周が硬くならないように気をつける。

②中身
 胡桃は粗いみじん切りにして、シナモン、砂糖と混ぜる。
 KF08.jpg

③シロップ
 砂糖と水を火にかけてよく溶かす。
 沸騰して大きな泡が出てきたら火を止め、レモン汁を加える。好みで蜂蜜を加える。

④ ①で②を(餃子のように)包み、あわせた部分をしっかり止め合わせる。
 KF05.jpg

⑤ ④を200度のオーブンで15分ぐらい、オーブントースターなら5-10分、
  軽く焦げ目がつく程度に焼く。
  (揚げる時は、ここで200度ぐらいの油で、ドーナツのように揚げる)

⑥ 焼きあがった⑤を熱いうちに③のシロップに漬ける。
KF06.jpg
使い慣れないフライパンで焼いたせいか、少々見かけが悪いのもあるのはご愛嬌。

熱いうちにいただきましょう。サハティーン!

追加情報:
ローマ字綴りだと、Qatayef だそうなのですが、
ベツレヘムでは、ayeが伸びて、「カターエフ」「カターイフ」と聞こえるようです。
Qを発音しないエルサレムでは、「アタイエフ」「アターエフ」「アターイフ」と聞こえます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おいしそうです(グゥ←おなかが鳴る音)
ラマダーンでもないのに、最近は夜中に起きだして夜食食べてます。

カタイエフ、なつかしい。たべたいなな。でも日本でもできてしまうのですね。たぶん面倒くさがりやなので自分ではしないと思うけれども・・・。ガザでは「ガ」タイエフだったと思います。

なおあん | URL | 2009-08-17(Mon)11:50 [編集]


「カタイエフ」、見かけはあまり良くないのですが、おいしくできました。
少し、甘みは控えめなので、ガザの人たちが食べたら、物足りないと言うかもしれません。

ミシュミシュ | URL | 2009-08-19(Wed)01:13 [編集]


挑戦してみました!

カタイエフ、美味しそうだったので私も今日、フライパンで焼いてみました!でも、どうも皮と皮を餃子のようにひっつけるのが難しくて、中身が出てしまいました(><)

aya | URL | 2012-09-29(Sat)22:36 [編集]


お味はいかがでしたか。
中身が出てきたのは残念でしたね。
こちら、片面のみ焼いて、焼いていない側は少々表面が柔らかいぐらいだと、中身を包やすいです。
しっかり押さえてとめていきます。
今年のラマダンはすでに終わってしまいましたが、ラマダン以外にも食べたいお菓子ですね。
エルサレム旧市街には、ラマダン以外にも売っているお菓子屋さんがあるのですが、
家庭で作るのはやはりラマダンのときのようです。
8月のラマダン中にガザの友人宅で食べたカタイエフの味を思い出しました。

マクルーベ | URL | 2012-10-04(Thu)08:04 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アタイエフ

ラマダン菓子 アタイエフ を作った。 レシピは こちら を参考にさせていただきました。 参考というか、ほぼそのまんまで、 違うとすれば、中身にココナツフレークをいれたことくらい。 あと、レモンはなかったので省略。 いつかネロリ水でシロップつくりた...

日報 2010-09-02 (Thu) 22:04


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。