FC2ブログ

パレスチナ・ファレスティーン

笑って泣いて食べて暮らしたパレスチナ。 時々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パレスチナ学生基金チャリティーコンサート

11月11日のチャリティーコンサート、ウードの演奏会とトークです。

《パレスチナ学生基金主催》
常味裕司 チャリティー・ウード・コンサート
YUJI TSUNEMI CHARITY OUD CONCERT
ウード
芸術の秋にウードの生演奏はいかがでしょう。
パレスチナ学生基金は来る11月、中東の文化への理解を深めて頂き、
会のパレスチナでの活動をご紹介する機会として、チャリティー・コンサートを開きます。
独特の音色を持つアラブの楽器・ウードは、
琵琶に似た丸い胴をもつ弦楽器で中東・北アフリカ地域で広く親しまれています。
演奏家には世界的に活躍するウード奏者である常味裕司氏をお招きしています。
日本では接することの少ない音色を、演奏家を間近に囲んで聞けるこの貴重な機会に、
友人やご夫婦でお誘い合わせの上、ぜひご来場下さい。
なお収益の一部はチャリティーとして、パレスチナ学生の奨学金に寄付されます。

*日時:2011年11月11日(日)
*場所:イベントスペース 金魚坂(http://www.kingyozaka.com/)
   (東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄「本郷三丁目」駅
*構成・時間(各部定員40名)
 第一部:14:30 開場、15:00 開演
     常味裕司演奏、学生基金メンバーによる現地報告
 第二部:16:30 開場、17:00 開演
     常味裕司演奏、演奏家と中東専門家によるトーク・セッション
*演奏者:常味 裕司(YUJI TSUNEMI)
 東京生まれ。日本を代表するウード演奏家のひとり。
 1989年よりチュニジアへ渡り、アラブ世界を代表するウード奏者であ
 る故アリ・スリティ氏に師事。これまでチュニジア、エジプトなど
 アラブ諸国の名だたる音楽家や国内の奏者たちとコンサートで共演してきた。
 『NHKスペシャル 新シルクロード・第2シリーズ 激動の大地をゆく』の
 オリジナル・サウンドトラック(2009年)で音楽監修。
 ホームページ:http://www.oud.jp/
*話し手(第二部):長沢 栄治(EIJI NAGASAWA)
 東京大学東洋文化研究所教授。またパレスチナ学生基金理事長。
 専門は近代エジプト社会経済史。著書に『アラブ革命の遺産 ~
 エジプトのユダヤ系マルクス主義者とシオニズム~』(平凡社、2012年)、
 『Modern Egypt throughJapanese Eyes』(カイロ、メリット社、2009年)ほか。
*料金:第一部:学生1500円、一般 2000円  第二部:4000円
    * 第一部は学生の方を優先させていただきます。
    * 学生の方は学生証をご持参ください。
    * イベントにはケーキ、ドリンクがつきます。
*ご予約・お問い合わせ: パレスチナ学生基金事務局
   HP: http://palestinescholarship.web.fc2.com/index.html   Email: palestinescholarship_pub@tufs.ac.jp
* 当日参加も承りますが、よろしければ事前にご予約ください。
*********************************************************
   パレスチナ学生基金 事務局
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
錦田愛子研究室気付 http://palestinescholarship.web.fc2.com/
TEL/FAX 042 330 5697  palestinescholarship@tufs.ac.jp
*********************************************************

私は2部のトークで司会を担当します。
私自身とても楽しみにしています。ぜひ、お越しくださいませ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。