FC2ブログ

パレスチナ・ファレスティーン

笑って泣いて食べて暮らしたパレスチナ。 時々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パレスチナはおアツイのがお好き

東京の雪もびっくりのアツイ、パレスチナ報告会の準備が進んでいます。

************************************  
  パレスチナはおアツイのがお好き
    ~巴勒女神楽坂一夕語り~
 (ぱれじょかぐらざかいっせきがたり)

暦の上では春とはいえ、まだ寒さが残る2月、
東京・神楽坂での“アツイ報告会”にいらっしゃいませんか?
日本国際ボランティアセンター(JVC)のパレスチナボランティアチームには、
女性たちが多く参加しています。それぞれに皆パレスチナへのアツイ思いを胸に、
独自に活動を行うことも少なくありません。
今回はパレボラチーム初の「女子報告会(おとな女子篇)」を開催いたします。
旅行はもちろん、子どもたちとの交流、ワークショップ、起業、書道などで
パレスチナとの交流を深める女子4人が、神楽坂の夕べに、
ときには真面目に、ときにはユーモアを交えて、
それぞれの「アツイ思い(熱、暑、厚、篤)」を語ります。
ぜひ奮ってご参加ください。

日時:2月11日(土・祝)17時~19時 ※16:30開場

場所:西口貴翠書道教室 
  東京都新宿区神楽坂6-16 桑原ビル2階
  (東西線 神楽坂駅 徒歩2分)
  早稲田通り100円ショップ角入り右手3軒目
  http://kuitecco-kisui.com/kagurazaka.html

報告者
熱 橘由美子(保育士) 『パレスチナの子どもたちとの交流』
 2001年に難民キャンプを訪れて以来、キャンプ外の地域も含め毎年のように
 行う絵本の読み聞かせなど、子どもたちとのふれあいの中で感じたことを語る。
暑 高橋純(会社員) 『パレスチナ人体験一週間 2011』
 パレスチナでの“突撃ワークショップ”実施をライフワークとする。
 「厳しい占領政策を生き抜く人々」について、昨夏の現地での交流から語る。
厚 仲條満美(ドニヤ・ホッブ代表) 『刺しゅうに魅せられて』
 美しいパレスチナ刺しゅうに出逢って、起業を決意。
 開業までの道のりと、初めて足を踏み入れた現地の印象を語る。
篤 西口有貴子(書家) 『私は忘れない、ヘブロン、エルサレムの友の願いを』
 初めての旅行で知った、衝撃的な理不尽と不条理の数々。
 書家として、人として今の自分の立場から何ができるかを語る。
司会 藤屋 リカ(JVC海外事業担当、大学教員)

当日会場では、西口有貴子先生の新作を展示致しております。
展示作品:四方田犬彦著「見ることの塩」、E・サイード「パレスチナへ帰る」など。
パレスチナの難民キャンプの女性グループが作っている刺繍製品を販売致します。

参加費:500円(パレスチナのお茶とアラビック・スイーツ付)
定員:30名 ※事前にお申し込みください

主催・お申し込み先
日本国際ボランティアセンター(JVC)
TEL: 03-3834-2388
MAIL: tsudaka@ngo-jvc.net (担当:津高)

***************************

ここでしか聞けない、パレスチナ。
ぜひ、神楽坂にお越しください。

pw.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。