FC2ブログ

パレスチナ・ファレスティーン

笑って泣いて食べて暮らしたパレスチナ。 時々の思いを綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

エルサレムのジプシーコミュニティ

エルサレム旧市街のライオン門近くに
ジプシーコミュニティがあると聞いたのは10年以上前のこと。
パレスチナ地方は、回廊地域だし文明の交差点だから、
そんなこともあるのかぐらいに思い、忘却のかなたに置かれていました。

Pdo03.jpg
10年ぶりに、ジプシーコミュニティの話題が出て、
旧市街ではなく東エルサレムのシャアファットにある
女性のエンパワーメントを目的としたジプシーセンターに行く機会がありました。

エルサレムでは、ジプシーは、ドマリ(domari)と呼ばれます。ガザではドムだそうです。

パレスチナ地方にインド方面から、ジプシーがやってきたのは約500年前。
それ以来、マイノリティーとして、独自のコミュニティーの中で生きてきたとのことです。
現在の、エルサレム、西岸地区、ガザ地区、イスラエル内の人口は、約1万人です。
アラビア語を話し、宗教はイスラーム。ジプシー同士での結婚が多いそうです。

特にエルサレムでは、通常の教育システムからドロップアウトしてしまう子どもが多く、
そのため識字率も低く、職も限られてしまうなどの問題があり、
加えて女性は、保守的なコミュニティーの中での制限も多いとのことです。

センターでは、
女性の収入創出を目的としたケータリングサービス、
独自の伝統や美意識や伝統を生かしたアクセサリーや刺繍製品の制作と販売、
女性の自立に向けての職業訓練、
子どものための放課後補習教室などなど、様々なことに取り組んでいます。

なかでも、印象的なのは、アクセサリーの数々。
これは、特にジプシーの中で受け継がれてきたものだそうです。
Pdo04.jpg

Pdo01.jpg

独特の色彩感覚に引き込まれて、
お話へのお礼も込めてと言い訳しながら、天然石のネックレスを買いました。
Pdo02.jpg
センターの活動を紹介したリーフレット(上)と
天然石がゼリービーンズのような風合の、鮮やかでかつ可愛い色彩のネックレス(下)。

まずは、独自の美しい文化から知りたい、と感じたところです。
奥が深いパレスチナ。まだまだ、知りたいことがたくさんあります。

スポンサーサイト

PageTop

ワイン仕込みのその後

パレスチナに到着して、すぐに仕込んだワイン。
ワインを仕込んで3日目ぐらいから、順調に発酵が進んできました。

今年のワインに使ったのは、地元産の甘みの強い白ブドウと味が強い黒ブドウ。
PJR20.jpg
写真の右側の箱にあるものが今年のワインに使ったブドウです。
11月に出回るのは、写真の左側に箱にある巨峰に似た感じの赤ブドウなのですが、
こちらは水分が少なめでシャリシャリした感じのブドウです。
食べるのにはよいのですが、ジュースにはなりにくくワインにも向かないようです。

PJR18.jpg
エルサレムの道端で野菜や果物を売るおばちゃんたちを観察していましたが、
ワインを仕込んでから2-3日後には、見かけるのブドウは、ほとんど赤ブドウだけになり、
ワイン仕込みには、最後の瞬間だったようです。

ワインを仕込んでから10日目。
ふたを開けると、ブドウの皮は上に浮いてきて、
その横から、シュワシュワ、ポコポコと炭酸ガスが出てきます。
しっかり発酵してきて、糖がアルコールに変わってきたサインです。
アルコールの匂いも含んだワインの香りがしてきました。
PJR14.jpg

ブドウの皮を取り除いて、2次発酵に移ることにしました。
PJR15.jpg
網で発酵したブドウジュースを濾していきます。
自然に落ちていく部分だけを取り、皮はボールによけておきます。
PJR16.jpg
こちら「一番搾り」ワイン。
PJR17.jpg
漏斗でペットボトルに移し、冷暗所で発酵を続けます。

皮の部分は手で絞って「二番絞り」。
こちらは「二番絞り」として、別のペットボトルで発酵させます。

PJR21.jpg
発酵途中のワインは濁っていて「どぶろく」状態です。
炭酸のシュワシュワした感じと、甘みとさわやかな酸味、軽いアルコールが感じられて、
さわやかな飲み物になってきました。

1か月ぐらいで、発酵もおさまって、ワインとして飲めるようになりそうです。
味見の感じでは、飲み口の軽い、香りの高いワインに仕上がりそうです。
PageTop

ちょっと元気なベツレヘム

ベツレヘムの知り合いのオリーブ細工のお店に行ってあいさつすると、
「おかげさまで」と笑顔での返事でした。
2000年に第2次インティファーダが始まって以降、こんなことは久しぶりです。
いつも暗い反応でしたが、今回はちょっと違います。
お店に見慣れない若い店員も入っていました。
「今年はまずまずの売れ行きだよ」と嬉しそうに言われると、
こちらまで嬉しくなります。

オリーブ細工のお土産屋だけでなくて、別のところでも元気な様子を見つけました。
PJR11.jpg
ベツレヘムの知的障がい者のグループが作ったフエルトの馬小屋。
温かい感じで、この地方の昔の馬小屋である洞窟の雰囲気もよく出ていて、
今までにない「馬小屋」です。
ベツレヘムの聖誕教会の前にある「ピースセンター」のブックショップでも売られていました。
私が行ったときは、最後の一個を残すのみで、
「入荷したら、あっという間に売れた」とのことです。

ベツレヘムのルーテル教会にある「インターナショナル・センター」の売店にも活気がありました。
PJR12.jpg
オリーブの葉で型をとった、銀細工のペンダントトップ。
一つ一つオリーブの葉の形が異なり、それがまた味わいがあって素敵です。
十字架がついていたり、葉が2枚になっていたり、いくつかのデザインがありました。
私は、小さなオリーブの花がついたデザインに、ひとめぼれしてしまいました。
葉っぱの形も私のイメージするオリーブの葉そのものでした。

PJR13.jpg
たわわに実をつけている今年のオリーブ。

ベツレヘムらしさにこだわりながらも、新しい視点で作られたものが、生まれてきているようです。
洗練されたというよりも、
ここにしかない、
作っている人たちの心意気を感じさせる
意味のあるモノたちでした。

伝統的なオリーブ細工を工房を守りながらお土産屋も経営しているおやじさんが、
「同じオリーブの木を使っても、何か新しいものを生み出したい」
と言っていたのも印象的でした。

モノたちをとおして、ベツレヘムで生きようとしている人たちの息吹を感じました。
PageTop

ワインの仕込み

前回、パレスチナに来たのは春でした。
久しぶりに会う知人たちから、
「日本はどうだった?」と聞かれる度に、「今年の夏は猛烈に暑かった」と答えます。
すると、「パレスチナも今までになく暑かった、ラマダンが夏だったので大変だった!」
との答えが返ってきます。

この暑さで果物の糖度は増したようです。
糖度が増したブドウはワインづくりに最適です。
ピークの時期は過ぎたのですが、八百屋の店先にも並んでいます。
PJR09.jpg

道端でおばちゃんたちも売っていましたが、
こちらは、誇り高きおばちゃんたちから、「写真はダメ」と撮影拒否にあいました。

以前、ワインづくりについて書いたことがありますが、今回、久しぶりに挑戦することにしました。

まずは。八百屋と道端の複数のおばちゃんたちから、価格の聞き取り調査。
1キロ15NIS(375円ぐらい)が相場らしいとと分かりました。
道端の掟では、量は最低1キロから。
夕方になると道端ではたたき売りが始まります。
道端商法では新鮮さが命。
村に商品を抱えて帰るよりは新鮮なうちに売り切ってしまうのが常です。
仕事が終わって買い出しに出かけた時間は、まさにたたき売りタイム。
「5キロだったらいくらになる」と、おばちゃん相手に交渉に入ったら、
「55NISでどう}とすんなり3割引きになり、即決しました。
「ヘブロン産の甘いブドウ」とのこと。おまけの1房も入ったようです。
八百屋に寄ったら、隅のほうに房から落ちたブドウだけを別にしてあるのを発見。
1.5キロぐらいはあります。
「ジュースにしたいんだけど(結構熱心なムスリムのお店なので言い訳)これいくら」と聞いたら、
「10NISでいいよ」とほぼ半額になりました。

PJR06.jpg
ワインに使うブドウは、バラディ(アラビア語で地元産の意味)。
原種に近く、味のしっかりしたものです。
バラディの甘みの強い白ブドウがこの時期にたくさん出回っていて、
味も抜群なのでこのブドウをベースにしました。
地元産黒ブドウ、バラディ・アスマルは、ピークを過ぎたようであまり売られてなかったのですが、
味のしっかりしたバラディ・アスマルを見つけたので、全体の2割程度の量を調達しました。

PJR07.jpg
足ではなく、手でつぶしていきます。
ワイン酵母は加えず、皮についている自然酵母だけで作ります。
とても甘いブドウだったので、砂糖は加えないことにしました。

PJR08.jpg
5年前以上前に近くの店で調達した専用樽?に仕込んだブドウジュース。
数日したら、発酵が始まり、ポコポコかわいい音がしてくる予定です。
PageTop

オリーブのかご

久しぶりのエルサレム。
雲ひとつない、突き抜けるほどに青い空が広がります。
短い秋、真っ盛りです。少し肌寒い空気が気持ち良いです。
PRJ06.jpg

東エルサレムの一等地の民家にも、
樹齢100年を超える立派なオリーブの木があります。
PJR04.jpg

今年はオリーブはオリーブは表年豊作でした。
オリーブの収穫はほぼ終わったようですが、
所々で目にする木々には、まだ実がついていました。
PJR03.jpg

パレスチナの女性たちの自立支援をしているスンブラ(アラビア語で麦の意味)のお店で
オリーブの若い枝でできた「かご」を見つけました。
スンブラでは、パレスチナ各地の女性グループのクラフトを紹介、販売しています。
パレスチナ刺繍の製品が主なのですが、
カーペット、アクセサリー、オリーブ細工など様々な製品があります。

このかごは、新しく扱いだした商品とのことです。
ヨルダン川地区ナブルスのジャアマイン村にある
「ジャアマイン女性グループ」の製品です。
PJR05.jpg
ジャアマイン村では、女性たちは、伝統的に自宅や農作業の間に
小枝や麦わらなど手に入るものででごを編んでいました。
女性の収入創出のために、女性グループとして、かご作りを始めたとのことです。

ジャアマイン村は、オリーブの木の多い村です。
イスラエルの入植地に近く、オリーブの収穫期には、
入植者からの攻撃を受けたとの話を聞いたことがありました。

象徴的なオリーブの枝を使って、素朴で使いやすそうなかごを作り、
商品にまでした女性たちの強さに感服です。

オリーブの枝には着色せず、緑や茶色の部分があって、その風合いがとても素敵です。
値段小さいもので14シェケル(350円ぐらい)からあり、とてもお手頃です。

「どうやって持って帰るろう、と一瞬悩みましたが、小ぶりのものを二つ買いました。
また、パレスチナグッズが増えそうです。

PJR01.jpg
夕暮れの近所の坂道で。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。